交通事故でのむちうち症で保険金や慰謝料をもらうには「医師の診断書」は不可欠

交通事故にあったら弁護士に相談するのがベスト

交通事故にあい、むちうち症になったら交通事故 弁護士に相談する
ことをおすすめしたいです。

賠償金を保険会社に対して請求する際に、裁判所基準に基づいて
計算してくれます。

通常保険会社は、任意保険基準にて賠償金額を提示してきますが、
これは裁判所基準で計算した場合より安くなることが多いです。

任意保険基準から裁判所基準変更をすると、賠償金額が数百万円
レベルで増加するということもあります。

交渉してもらう

被害者は、慰謝料・治療費・その他の件で保険会社と交渉しますが、
結構大変なことです。

交通事故の被害にあいむちうちになると、肉体的にも精神的にも
ダメージを負うことが少なくありません。

ダメージを負った状態で交渉すると、治療に集中できなくなり
回復が遅くなったり、事故がトラウマになったりするおそれも。

交通事故 弁護士に相談すれば、保険会社との交渉をかわりに
してもらえます。

そのため、治療に集中できるので回復が早くなること、
また新たな精神的問題を引き起こさなくて済むようになる
ことが期待できます。

医師の診断書を用意する

診断者というのは、人身事故の際に被害者が加害者側と示談交渉を
する際に必ず必要となるものです。

人間誰しも必要無いと考えられる支払いはしたくはないもの。

診断者、が被害があったことの証明になり、そのため、慰謝料を
請求した場合に加害者側が支払うのはしかたないという心理に
なるのです。

医師

むちうちだという診断者を医師に対して作成依頼をすることは、
ちょっと思う人もいるかもしれません。

しかし、医師法というのがあって、医者は診断書を作成するのを
断ることができないようになっているので、安心してください。

交通事故 弁護士は相談すれば、診断書作成のサポートをして
もらうことも可能です。

先生によっては、医師と連携して、被害者側の請求が通りやすい
診断書を作成します。

請求が通りやすい診断書を作成してもらうことは、決して悪い
ことではありません。

真実と異なることを診断書に記載するのではなく、被害が出ている
ことを分かりやすくするだけなので、なんら問題ないです。