交通事故の弁護士といえば吉村弦!後遺障害診断書のもらい方

交通事故の弁護士選びは大きな差になる

交通事故に関して詳しい弁護士に示談の交渉を依頼すると、
自分で交渉するよりも金額がアップすることが多いです。

というのも交通事故の弁護士の場合は請求の根拠を法律に
基づいて占めることができるので、加害者やその保険会社
は反論する余地が無くなってしまうのです。

さらに裁判もできる立場ですから、裁判になると高額な
賠償金になるので、それなら示談でまとめたいと思うため
交渉に応じてくるのです。

しかし、弁護士と言っても実績によって交渉術の高さが
違ってきます。

相談する

交通事故の弁護士として評判なのが吉村 弦です。

多くの事案を扱ってきているので、さまざまなケースに
対応できるのも頼もしいですし、人柄が親身で相談し
やすいのも魅力です。

交通事故の弁護士の中でも、しっかりと被害者の立場に
立って、納得のできる交渉をしてくれる心強い味方です。

連絡も定期的に行って経過報告や依頼者の考えを取り
入れてくれますので、一方通行で事務的にならないのも
信頼できます。

交通事故によるケガが残ってしまった場合

交通事故でケガを負ってしまったら、まずはリハビリや
治療に集中しましょう。

それでもこれ以上は良くならないと限界がある場合も出てきます。

その判断は医師がしますが、この時には後遺症としてケガの
見た目が残ってしまったり、機能性が戻らなかったりします。

事故前と同様に戻らないことも出てきます。

治療が必要

これを生活に支障が出るほどであると判断されると後遺障害と
して級が認定されます。

この認定を受けるためには手続きが必要で、申請して審査を
受けないいけません。

まずは審査は中立的な立場の第三者機関が行います。

そこへ申請するには必要書類があって、交通事故証明書と
後遺障害診断書を送らなくてはなりません。

交通事故証明書は事故のあった管轄の警察署に請求します。

さらに後遺障害診断書は診察を受けていた病院の医師に
書いてもらいます。

診断書は病院が持っていることも多いですが、保険会社が
用意する場合も有ります。

この交通事故証明書と後遺障害診断書の2通を審査してから、
今度は実際に患部を見せて判断してもらうために出向く必要も
あります。

該当するとなれば、後日等級を示した書類が届きます。