交通事故を起こしたときに弁護士に依頼するメリット

交通事故の損害について賠償額の算定基準は、自賠責保険や任意保険、
裁判所基準などがあります。

いくつかあるのは個々の制度の目的や立場などに違いがあるからです。

一応の目安であり事故の具体的な内容によって、賠償は増減する
ケースが多くあるでしょう。

頼りにする

自賠責保険の場合、最低限の保障を行うのを目的にしていて、
支払金額は裁判所と比較すると低く設定されています。

任意保険の場合、各保険会社が規定している支払基準のことで、
一般的に自賠責保険よりも高いですが低く設定されています。

裁判所の場合、判断の積み重ねによって認められた賠償額を
目安にし基準化したものです。

自賠責保険や任意保険などと比較すると高額になります。

弁護士に交通事故の示談を依頼するといろいろなメリットがあり、
保険会社が提示する示談案を検討することができ、不合理な内容
について的確に反論することが可能です。

弁護士は裁判所を前提に示談交渉を行うので、賠償金増額を
期待することができるでしょう。

適切な金額におさめることができます

加害者との交渉は相手が感情的になるケースがあり、被害者と連絡
するのを拒んだりすることもあるでしょう。

直接コミュニケーションをとるのは難しい場合が多く、お互い
法律に詳しくないのでどの程度の額で示談してよいのか、
適正な示談金額がいくらなのか分からないことが多いです。

適切な金額

加害者の保険会社と交渉する場合、交渉のプロなので経験豊富な
担当者とやり取りを行うには負担が大きいものです。

知識や経験に大きな差があるので、保険会社が支払基準に基づいて
示談金額を提示しても、相場がそれぐらいなのだろうと納得する
ことも少なくありません。

弁護士に交通事故の示談を依頼すると、保険会社が提示する案件を
検討することができ、的確に反論することができます。

事故による怪我の治療に専念できるので面倒で煩わしい交渉での
ストレスから解放されます。

一般的に加害者の保険会社は自賠責保険基準より高いですが、
裁判所基準より低い支払基準に基づいて金額を提示してくることが多いです。

保険会社に言われるまま示談すると不利益を被ることがあるので、
弁護士に依頼すると適切な金額を得ることができます。