月別アーカイブ: 2018年4月

交通事故の加害者になった際の弁護士による交渉の流れ

交通事故の加害者となってしまったときには最悪の場合、刑事罰を受けることになります。

そのため、刑事罰を科せられないようにするには弁護士に依頼をして示談交渉を成立させなくてはなりません。

日常的に車を運転されている人であれば、ほとんどの場合、任意保険に加入をしているはずです。任意保険に加入をしているのであれば、万が一、交通事故の加害者となってしまったときでも示談交渉を保険会社の担当者が行ってくれるのがほとんどでなのですが、加入をしている保険会社によってはこのような示談交渉を行ってくれない場合もあり、そのようなときには示談交渉は弁護士に依頼をすることになります。

交通事故を引き起こした当事者である加害者は示談が成立しなかった場合、刑事責任を問われることになり裁判によって刑事罰を受ける可能性があります。

そのため、交通事故の加害者は可能な限り早急に示談を成立させる必要があります。一刻も早い示談を成立させるためには弁護士の助けが必要不可欠となります。

弁護士による示談の開始は、被害者の事故による怪我の具合が安定したから行うことになります。症状が安定してきた時期に事故による後遺症の有無を専門機関で調べることで、損害賠償の金額というのも変化するからです。