体験談」カテゴリーアーカイブ

交通事故の加害者になった際の弁護士による交渉の流れ

交通事故の加害者となってしまったときには最悪の場合、刑事罰を受けることになります。

そのため、刑事罰を科せられないようにするには弁護士に依頼をして示談交渉を成立させなくてはなりません。

日常的に車を運転されている人であれば、ほとんどの場合、任意保険に加入をしているはずです。任意保険に加入をしているのであれば、万が一、交通事故の加害者となってしまったときでも示談交渉を保険会社の担当者が行ってくれるのがほとんどでなのですが、加入をしている保険会社によってはこのような示談交渉を行ってくれない場合もあり、そのようなときには示談交渉は弁護士に依頼をすることになります。

交通事故を引き起こした当事者である加害者は示談が成立しなかった場合、刑事責任を問われることになり裁判によって刑事罰を受ける可能性があります。

そのため、交通事故の加害者は可能な限り早急に示談を成立させる必要があります。一刻も早い示談を成立させるためには弁護士の助けが必要不可欠となります。

弁護士による示談の開始は、被害者の事故による怪我の具合が安定したから行うことになります。症状が安定してきた時期に事故による後遺症の有無を専門機関で調べることで、損害賠償の金額というのも変化するからです。

神戸で交通事故にあい弁護士に救われた高田さんの体験談

私は神戸で勤務しておりますが、先日通勤途中に交通事故にあいました。

 

私の方はいったん停止していたため、過失割合としては10:0となりましたが、相手の保険会社は提示した示談金で早急に解決したいらしく、症状固定をせかしてきていました。

相談

交通事故にあってから足に違和感があり、このまま示談をするのも心配でしたので、神戸で交通事故に詳しいといわれている弁護士に相談に行きました。

 

すぐに弁護士に病院を紹介してもらい受診したところ、後遺症認定が付きました。

後遺症

また、弁護士の話では、提示された金額は自賠責の範囲内の最低額になるとのことでしたので、そのまま依頼しました。

 

弁護士が保険会社と任意交渉をしてくれたところ、後遺症認定が下りたこともあり、もともと提示されていた金額の約2倍の損害賠償金を受け取ることができました。

 

もしあのまま保険会社の言いなりになって、不安を抱えながら安い金額で示談していたらと思うとぞっとします。

神戸で交通事故にあい弁護士に救われた古賀さんの体験談

ある朝のことです。
車で、普段と変わらずに神戸の街の中を通勤をしていたのですが、突然交通事故が起きたのです。

被害者

まさか、自分が交通事故の当事者に、しかも被害者になるとは思いもしませんでした。

 

突然のことでとても慌ててしまいましたが、とりあえず警察を呼び、加害者の人とは連絡先を交わしました。

 

保険会社とも連絡を取り、きちんと修理代や病院の費用など負担して貰えそうだったので、安心していました。

 

ところが、数日後に連絡がきた時には、それまでと様子がおかしかったのです。

 

こちらにも非があるようなことを言われて、困ってしまい、弁護士に相談してみることにしました。

 

神戸で交通事故に詳しい弁護士を探していたところ、丁度良い弁護士事務所を見つけたので、相談してみました。

弁護士
途中で話が違うことになったのにはとても驚きましたが、弁護士に任せることにしたところ、話がスムーズに進みました。

 

車の修理代も治療費も払って貰えることになり、本当に助かりました。困った時には弁護士に相談する方が安心できると実感しました。

神戸で交通事故にあい弁護士に救われた細井さんの体験談

神戸に住んでいます。

 

先日自転車に乗っている時、信号のない交差点で自動車と接触してしまいました。私の自転車のフレームが曲がってしまい、相手の車もバンパーに少し傷がついたようです。

接触

幸い私にも相手にも怪我はなく、交通事故って言うほどでもないと相手が立ち去ろうとするので、私は一応連絡先だけ教えてほしいと言うとしぶしぶ名刺を渡してくれました。

 

家に帰ると、母がなぜ警察に届けなかったかと怒るのです。

 

私が事故の状況を話すと、完璧に自動車側が悪いからこちらの自転車を修理してもらうと、母が名刺にある電話番号にかけてみることにしました。

 

名刺には神戸ではない住所の会社名があり、電話すると相手が怒りだしたと言うのです。

 

自分に過失はないから、車の修理費を払ってもらうと言い張って聞きません。
母は困って弁護士事務所に相談しました。

頼む

弁護士に頼むなんて経験がなかったので不安でしたが、最近新聞の折り込みチラシで見た弁護士事務所で、とても感じの良い弁護士さんだったので何でも話すことができました。

 

結局相手に過失がある交通事故であり、私には責任がないと分かったので賠償金を受け取ることができました。