交通事故で後遺症を追わせてしまった場合の弁護士の利用について

メリット

交通事故で相手に後遺症を負わせてしまった場合は、
賠償金額がかなり大きくなります。

治る怪我なら、いつかは治療は終わりますが、後遺症は治らないために、
相手の身体機能を一部を失わせてしまったのと同じことになるからです。

そのために、請求金額は大きいですが、そういうときこそ、
交通事故専門の弁護士に相談するメリットがあります。

なぜならば、認定の基準は自賠責基準にのっていたり、また、
医師への確認の仕方や、認定の仕方によって金額が大きく違ってくるためです。

例えば、証拠です。

この症状が交通事故によって引き起こされたということを「証拠」により
相手が立証することの難しさを知っているのも弁護士です。

そこで、後遺症の賠償金額で相手の言いなりになって、高額な慰謝料や
賠償金を請求されるよりは、交通事故専門の弁護士を立てて、相手からの
請求額を法律的に防衛することで減額してもらうほうが得です。

弁護士事務所に法律相談に行ってみるとよいです。

得になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です