タグ別アーカイブ: 弁護士

交通事故専門の弁護士はいろいろと探してみてから依頼しよう

選び方

交通事故は、非常に専門性が高い分野です。加害者が任意保険に加入していた場合、加害者側の弁護士は、任意保険会社の顧問弁護士となりますので、被害者は必ず交通事故専門の法律事務所に依頼することです。ただ、交通事故専門の法律事務所はたくさんありますから、選び方には注意が必要です。経験と実績が豊富な法律事務所を選びましょう。
初回相談料を無料としている法律事務所は多いので、何件か相談してみましょう。被害者は、交通事故については右も左もわからない素人ですが、相談していく中で、とりわけ優秀な弁護士や親身になってくれる弁護士に出会えたら、わかるものです。出会えたのは幸運なことですから、そうした弁護士に依頼することです。

依頼する
交通事故の被害者は、けがをしていて動くのがままなりませんから、周囲の人が良い弁護士を探すことが望まれます。
周囲の人に頼れない場合は、なんとか力を振り絞って探すことが求められます。後回しにするのは得策ではありません。にっちもさっちもいかなくなってから相談したときには、すでに相当不利な状況に陥っていて、取り返しがつかなくなっていることが多いからです。

交通事故では初期対応が非常に大事であるため、重傷の場合は特に、事故直後から弁護士に依頼するのが理想です。
しかし、それは病院にいる被害者にはできないことです。せめて、可能になったら、いち早く、弁護士探しをするべきであると自覚しておくことが大事です。

交通事故で納得ができる解決にならないときの弁護士

交通事故は不幸な出来事ですが、気を付けていれば避けられるものと、不幸な偶然とも言うべき避けがたいものがあります。

頼る

交通事故は、最近では自転車が絡む重大交通事故も社会問題となっていますが、人と自転車、自動車などがそれぞれ当事者になります。

自転車ではまだまだ保険に加入に入っていない人も多いですが、自動車の場合は任意保険に加入している場合が少なくありません。 車同士の交通事故の場合、任意保険に加入していれば、運転者は保険会社に交渉を任せることができます。

保険会社の職員は、たくさんの事故を解決してきた実績があるので、事故の態様はさまざまですが、基本的に過去の事例に今回の事故を当てはめて解決を図ろうとします。 運転者の過失の度合いや道路の状況など、自己を取り巻く環境は同じものはないはずなので、過去の事例に基づく査定に納得ができない場合、保険会社という専門家を相手にするには弁護士に依頼するのが有効です。

安心

自動車保険に弁護士費用特約がついていれば、保険会社や事故の相手方との交渉について、弁護士に相談することができます。

このとき、弁護士は自分の知り合いに依頼しても、保険会社に紹介を依頼しても、費用は保険で賄い、しかも等級には影響しないので安心です。